①中学校の内申点UP・高校合格のために基礎学習・定期テスト対策・提出物の管理/指導をすべて行います。


中学生の一番大きな目標である高校合格のためには入試での点数と内申点が重要になります。内申点UPには基礎的な学力はもちろん、中学校の定期テストの傾向と対策を考慮した問題演習もしっかりやる必要があります。また、ワークや授業ノートを提出期日までにきちんと仕上げることも内申点UPには必要です。

あかつき指導会では、定期テスト3週間前までに基礎学習を終わらせ、定期テスト対策の問題演習をじっくりと行っていきます。また、学校の提出物の進捗表を毎週提出させることで、進捗を管理し、提出物を期日までに仕上げるために必要な指導を行っていきます。
 

②生徒様一人一人にあった教材を使用したオーダーメイド型カリキュラムでつまずきの無い状態で学習を進めます。


勉強が出来なくなる大きな原因は、つまずきを放置したまま先に進んでしまい、つまずきを引きずってしまうことで勉強についていけなくなることです。あかつき指導会では塾長自らが常にお子様の学習状況を管理・把握し、最適な教材を選択して、お子様の学習状況にあったカリキュラムを作成し、学習の進捗を細かく管理することで、つまずきを無くし、学習習慣付けを行っていきます。

 

③塾長自らが責任を持って5教科まるごと指導することで、学習時間の効率化・5教科総合点UPを戦略的に行います。


塾長自らが5教科を指導するため、生徒様の様子を見ながら5教科の勉強バランスを考えることが出来ます。そのため、

1.得意科目の勉強時間を不得意科目の勉強時間に回す。

2.英語・数学など、積み重ねが必要な科目は学期初めから重点的に根気よく対応し、定期テスト前は暗記科目を重点的に行う。

3.1日の勉強時間で難しい単元と易しい単元の比率を調整し、効率よく、学習ストレスを低くするようなカリキュラムを作成する。

 
などの利点がございます。
 

また、苦手科目の原因が他科目にあるかどうかを見抜くことも出来ます。例えば英語が苦手なお子さんの場合、日本語の主語・述語自体が分かっていない場合があります。以下の文の主語と述語が分かりますでしょうか?

 

(ア)ヒノキも (イ)日本を (ウ)代表する (エ)木材の (オ)一つだ
 

答えは主語:(ア)ヒノキも 述語:(オ)一つだ になります。これがわからないと、この日本語を英語に訳すことができません。あかつき指導会ではこのような場合、国語の「主語・述語の把握」の指導を致します。
 

④生徒自らが何を学習するべきかを意識して、自立して学習を進めることが出来るように指導致します。


生徒自らが「何を理解していて、理解していないか?何を勉強するべきか?」を考えさせる様々な取り組みを行っています。深く考えずに先生になんでも答えを聞くのではなく、学校の授業をきちんと聞く、問題集の解説をきちんと読む姿勢を身につけさせます。また、学習計画を立てることで主体的に学習するための取り組みを行っています。

(クリックすると詳細のリンクに飛びます。)

1.具体的な学習方法の提示

2.「今日のやること」シートの記入

3.提出物進捗表の提出

4.週間予定表の提出

 

⑤週1~2回、学習状況を保護者様へメール致します。


 学校や従来の学習塾では学期ごとの保護者面談くらいでしか先生と保護者様の間でコミュニケーションが行われません。実際にお子様の学習状況などは、保護者様が気になることかと存じます。あかつき指導会では週1~2回、お子様の学習状況を保護者様へメールで報告致します。お子様・保護者様・塾の三位一体の連携を取ることで、効率的な学力向上を行います。

 

⑥柔軟な時間割の設定、授業時間の振替が可能です。


 従来の集団指導塾では特定の時間に全員で講義が行われ、個別指導塾では特定の時間に特定の講師を配置する必要がありますので、授業時間はタイトに決められています。あかつき指導会ではそのような必要はないので、お子様の部活動などの状況に応じた時間割の設定を行うことが可能です。また、急な都合などが入った場合も無料で授業時間の振替に対応致しますので、授業料が無駄になることもございません。
 

東大生や東工大生はなぜ学力が高いのか?


これまでに東大生や東工大生といった高学力の学生と接してきて、「なぜ彼らの学力が高いのか?」ということを考えてきて、たどり着いた答えがあります。それは彼らが「学び手として高いスキルを持つ」ということです。

 

小学生~高校生で教えることは何十年もわたり対して変わっておらず、それなりの授業のやり方や教材が確立されていると言えます。しかし、同じ学校で同じクラスで同じ先生の授業を受けていても総合的な成績に大きく差が出るのはなぜか?と考えると授業を受ける生徒の「学び手に必要なスキル」に大きな差があるからです。この学び手のスキルを伸ばさないと、延々と「ものすごく良い授業をしてくれる先生を探す」というスクールショッピングをする羽目になり、大変なお金と労力と時間を消費することになりかねません。

 

逆に「学び手に必要なスキル」を伸ばしてやると、特に低学力の子では「教え手×学び手」の相乗効果でものすごい学力の上昇が見込まれます。従来の塾では授業のやり方を変えたり、よいプリントや教材を開発することに大きな重点を置いて来ました。しかしあかつき指導会では教え手の品質向上だけではなく、学び手に必要なスキルの習得に指導の重点を置くことで生徒一人一人の学力の上昇を目指していきます。


 

学び手に必要なスキルとは?


それでは「学び手に必要なスキル」とは具体的に何でしょうか?それは主に以下の3点です。

 

①学習習慣

②学習計画

③学習意欲

 

これら三つの要素は三つとも互いに影響を及ぼしあう要素です。学習計画もないのに学習意欲を維持してひたすら勉強し続けることは大変ですし、学習意欲もないのに学習習慣付けをするなんて不可能です。あかつき指導会では、最新鋭のe-Learning教材「すらら」を活用して、これら三つの要素をバランス良く高めて行きます。



学習計画が出来るようになるには?
~2周学習と月30時間の学習時間の確保~


さて、中学生の定期テストを例にしますと、1月半~2月の試験範囲はどのように学習すればよいでしょうか?まず、国語に関しては単純に試験範囲があって無いようなものですので、優先的に学習を進めるかどうかは他の教科との兼合いによります。また中学校範囲の理科・社会は基本的に暗記科目と言って良いので、試験2週間前を目途に暗記を開始すればよいと考えております。主要5教科のうち最も手を焼く教科が英語と数学です。英語と数学の学習について、以下に一つのモデルプランを示します。


あかつき指導会では定期テスト範囲の2周学習で基礎学力の定着を目指します。1周目の学習では、学習のスピード重視で学習を進め、テスト範囲で何について学ぶかの全体像を把握します。2周目の学習では、1周目の学習で理解の浅い部分を重点的に学習し、基礎学力の定着度を高めます。テスト2週間前までにはこの2周学習を終了させ、テスト直前には、テストを想定した問題演習を行い、応用力強化を行います。以上のプランはあくまでモデルケースであり、お子様の学習状況や得手不得手に応じてプラン立てをしていきます。


では、英語・数学でこの2周学習を実現するには、どのくらいの時間が必要かというと目安として英・数合計で月30時間が必要になります。


学習習慣付け
~月30時間の学習時間確保のための家庭学習の徹底化~



あかつき指導会では学習習慣付けの意味もあり、週1回の通塾は受け入れておりません。週1回の通塾では、1週間後の通塾時に前回までの内容を忘れてしまっている・宿題をやらなかった場合のリカバーが出来ないなどの理由により大きな学習効果が望めません。ですので週2回以上の通塾を受け入れております。週2回、つまり月8時間の通塾ですと16時間の勉強時間になりますが、これでは月30時間の学習時間には遠く及びません。残りの14時間の勉強時間はどこで確保するかというと家庭での学習になります。e-learning教材の「すらら」はIDさえあれば、ご自宅のPC・タブレットでも学習が可能です。また、ご自宅での学習状況のデータはリアルタイムで塾に送られてくるので、ご家庭での学習も塾で管理することが可能です。この「塾の先生が見守っている(見張っている?)」という点が、家庭学習の実践に大きな利点となります。週2回以上の通塾と家庭学習の徹底により、学習習慣付けを行い、月30時間の学習時間を確保します。


学習意欲の向上

~毎週のメール報告による三位一体連携プレー~


学習意欲の向上で一番重要になるのは保護者様の存在です。子供は親の期待通りの行動をしてくれないし、結果も出してくれないのがあたりまえ。ついついお子さんに「勉強しなさい!」なんて怒ったりしませんか?この「勉強しなさい!」というのは百害あって一利なし、一番お子さんの学習意欲を削ぐ結果になります。あかつき指導会では週1回以上、お子様の学習状況をメールで報告し、「お子様はこんなこと頑張りましたよ!」といったことを連絡致します。保護者様には是非そのメールをお読みになって「○○を頑張ったって塾の先生言ってたよ!」とお声がけして頂き、三位一体でお子様のモチベーションアップを図っていければと思います。また、保護者様がご家庭で気付かれたことなども、塾にメールして頂ければ幸いです。

 

お子様の学習意欲を引き出す藤が丘のあかつき指導会です

藤が丘駅からアクセスが良く通いやすいあかつき指導会では、お子様の進学や成績アップなどの目標を達成していただけるよう、大きく3つの指導方針を掲げています。
お子様のレベルアップに大切なのは、学習力アップに不可欠な学習習慣をつけること、レベルや目的に応じた学習計画を立てて遂行できること、そして、何より大切な学習意欲を引き出すことにあります。画期的なeラーニングシステムとプロ講師の指導により、この3つを確実に養うことができる個別指導塾があかつき指導会です。
あかつき指導会はお子様の個々の能力や個性に合わせて個別指導を行いながら、ご本人と保護者様のご希望や目標が達成できるよう指導してまいりますので、安心して当塾へご相談ください。