あかつき通信
2015/12/31

目的を持って学ぶことの楽しさと大事さを知った1年でした。

今年も今日で最後ですので、塾長深川のプライベートを少し交えたエントリーになります。

 

今年の8月末に東京工業大学を退職して、12月にあかつき指導会を開校するに至るまで、3か月ほど起業の準備などをしていました。元々大学の教員でしたので学生の指導など教務に不安はあまりなかったのですが、大学は営利企業ではないですのでビジネスに関しては9月の時点で完全な素人でした。幸い、すららネットさんが新規に塾を開校する人向けにノウハウを教える3日間の研修セミナーを行ってくれますので、もちろん申込ました(もちろん有料です)。

 

大学で教務や研究をやっていたので日々論文や書籍を読んだり、学会に参加などをして「学ぶ」ということは行っていましたが、研修セミナーでは久しぶりに純粋に「生徒」として参加することになりました。私が参加した回の研修セミナーは参加者が私を含めて2名だったこともあるし身銭を切っての参加ですのでが、二人ともきちんと色々と研修の講師の方に質問をするわけです。やはり、塾の開校という明確な目的を持っていると学ぶことに積極的になります。研修セミナーの3日間は大変でしたがとても楽しい時間でもあり、多くのことを学びました。私の学生時代を思い返すと、学校や塾の授業の大半をなんとなく、目的もぼやけた状態で聞いていただけのように思います。やはり目的を持って学ぶということが出来れば、学ぶこと自体も楽しくなってきますし、知識の吸収率も高くなってきます。

 

小中学生ですと「テストで点を取る」「中学・高校に合格する」以外にはなかなか明確な目標というのが持ちづらいと思います。そもそも「テストで点を取る」「中学・高校に合格する」ということ自体、本来は将来のなんらかの目的(なにかしらの職業につきたいなど)を果たすための手段・通過点でしかないはずです。塾というのは「テストでいい点を取ろう!」「偏差値の高い学校に入ろう!」という目的を実現するために存在する組織ではありますが、それだけでなく「将来、自分がどんな人間になれるのか?」というテストや受験の先を意識させるような指導も大事だと思います。未来の自分をうまくイメージできるようになると、学ぶことが楽しく、効率良くなる。自分自身でこのことを身に染みて体験した1年でした。

 

それではみなさま良いお年を。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/30

eラーニングシステム「すらら」で生徒の間違いをデータとして分析して講師が指導に反映します。

あかつき指導会ではeラーニングシステム「すらら」を用いて、基礎力のUPを行っています。この「すらら」を用いた授業は、ただ生徒がPCを使ってレクチャーを聞いてドリルをやっているだけではありません。生徒が「すらら」をやっているときのレクチャーを聞いている時間、問題の正答率や間違いの内容、問題を解くのに要した時間などが講師に即時にデータとして送られてきます。eラーニングのシステムとして弱点判定などがされますが、どのような間違いをするか?という傾向はやはり人がきちんと見て判断していかなければなりません。

 

例えば、レクチャーを飛ばしてドリルをやって正答率が低ければ、「きちんとレクチャーを聞こうね」と指導します。また、英語で動詞の現在形・過去形の間違いが多ければ、「日本語の語尾に注意して時制を意識しようね」と指導します。生徒が自分の解答の間違いを理解するのはもちろん大事ですが、間違いの傾向を理解するには、やはりプロの講師が判断する必要があります。講師は塾での授業時間中、常にデータをチェックして、フォローが必要と判断した場合には、きちんと指導をします。ただ、「すらら」をやらせてぼけ~っとしているのではなく、常に生徒の学習状況を見守り続け、細心の注意を払ってつまずきが無いように導くことを意識しています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/29

弱点の放置とつまずくことなく、確実に理解して学習を進める個別指導

学校や塾で授業を聞いてたった一回で100%のことを理解して進める人はほぼ0です。どんなに頭がよくてテストで点が出来ると言われる人でも、家に帰って勉強したり、問題演習をしたり、試験前に一生懸命やったりします。まず、テストで点が取れる人と取れない人の差はそもそも「勉強をするかしないか?」というところにあります。つまり学習習慣があるかないか、という点です。

 

次の点は、自分の弱点やつまずきを自分自身で理解しているかどうか?ということになります。自分の弱点やつまずいている点がわかれば、そこを理解しようと勉強したり試行錯誤したりできるわけですが、「自分が理解していないことを理解する」というのがなかなか難しい。そのために学校では「テスト」を行って、理解しているかどうかを数値化するわけです。

 

しかし、学校のテストは、一般の3学期制の中学校だと年に5回しかなく、また定期テストが終わったらすぐに次の学習単元に進んでしまします。定期テストの点が悪い人ほど、そこから弱点やつまずきを判定して勉強を進めなければいけませんが、ほとんどの生徒さんはテストの見直しも満足にしていないのではないでのでしょうか?

 

あかつき指導会で利用しているeラーニングシステム「すらら」では、毎回の学習単元でレクチャーの後にドリル問題が行われます。

 

すらら数学_drill

 

レクチャー直後にドリルが行われ、すぐに正解・不正解が表示され、解説も表示されます。習った直後に理解度を確認するため、このドリルの正答率が低ければその単元が「つまずき」となるので、安易に先に進まずに同じ単元をもう一度復習します。また、間違えた問題の種類や個数から、過去の学習範囲で理解していなければならないのに理解できていない、つまり弱点が存在するかどうかの「弱点分析機能」が備わっています。例えば、数学で一次方程式の文章題が不正解だった場合、「文字式」「方程式を立てる」「方程式を解く」「正負の数の計算」など、それまでに学習した数学のスキルを必要としますが、どのスキルが弱点となっているかを判定します。この機能により、過去の学習内容にさかのぼって弱点を見つけ出し、その弱点を克服していきます。

 

あかつき指導会では、毎回の授業で弱点がないか?つまずいていないか?を細かく判定し、弱点やつまずきが発見された場合にはすぐにカリキュラムに反映させることで弱点の放置とつまずきをなくす個別指導を行っています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/28

東京、神奈川、千葉などのすらら導入校の先生方との勉強会に参加してきました。

昨日は東京都墨田区ですらら塾を運営していらっしゃる吉田先生主催の首都圏勉強会+αに参加させて頂きました。勉強会には東京、神奈川、千葉ですららを導入しておられる塾の先生がのほか、ネット中継で首都圏以外の先生方も数人参加されました。あかつき指導会を含め、すらら導入校はすららネットさん主催のWeb勉強会やベテランの先生が開催してくださる勉強会などが頻繁に行われ、生徒の指導方法、すららの運用方法や経営に関することの意見交換がなされます。ちなみに勉強会がスタートしたのが13時で休憩もなく進行し、終了したのは19時過ぎでした。

 

生徒一人一人にあった学習を提供するというのが当塾をはじめ、すらら導入校の塾が目指しているものです。生徒一人一人、となるとそれこそ生徒の数だけ指導法があるわけで、ベテランの先生でも他塾の良さそうな指導法の話には食い入るように耳を傾けて、自分の塾にも良いところは導入なさっています。当塾のように開校から日が浅い塾ですと、将来どんな生徒が来ても対応できるように、知識を得て行きます。実際に生徒指導で悩むことがある先生は、勉強会でなくても他の先生にメールや電話で相談が行われています。当塾のように個人でやっている個別指導塾は大手の塾さんと情報量や経験量が不足と思われるかもしれませんが、むしろ生の体験談を頻繁にお聞きするので、不足ということは無いと思います。ほぼみなさんが雇われの身でもないので、真剣さもとても高いです。教える側も常に勉強してバージョンアップしています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/27

eラーニングで生徒様の学習状況に合わせた個別のカリキュラムを組むことができます。

つまずきのない学習を進めて行くために、eラーニングシステム「すらら」の特徴を利用して、生徒の学習状況に合わせたカリキュラムを組むことであかつき指導会での授業は進んでいきます。eラーニングシステム「すらら」は、学習単元が細かく区切られています。例えば英語でしたら、中1のほぼ最初で出てくるbe動詞の肯定文This is~, That is~だけでも5つのユニットから構成されます。1つのユニットは英語ですと20分~30分で構成されます。このユニットを組み合わせることで生徒様の学習状況に合わせた個別のカリキュラムを組むことができます。

 

生徒様の学習状況は、生徒様の数だけ存在します。学習を進めて行くと、理解出来ているところ、出来ていないところが出てきます。また同じ単元でも生徒様の理解度が異なり、一度聞けば理解できる生徒様、二度聞けば理解できる生徒様や過去に理解しきれていない単元が存在するために理解できない場合など様々です。eラーニングでの学習の様子は逐一モニターされ、塾の講師にデータがほぼリアルタイムで送られてきます。講師は「どのような間違いをしているか?」「どれくらい時間を掛けているか?」などのデータを見て、「次に進む」「もう一度同じ単元をやる」「過去につまずいている箇所に戻る」等の判断をして、次回の授業のカリキュラム(場合によっては当日のその後のカリキュラム)を作成します。

 

従来の学校や塾は、先生のペースで授業が進む「教師中心型」の教育が行われ、その授業についてこれない生徒は「落ちこぼれ」となります。しかし、eラーニングシステムを利用することで、生徒様の個別のペースで授業が進む「生徒中心型」の教育が実現可能となり「落ちこぼれ」が生まれません。インターネット・PCの技術の発展によるeラーニングの登場により教育のスタイルは革命的に変化しつつあります。あかつき指導会ではこの革命的変化をいち早く取り入れた第3のスタイルの学習塾となっています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あかつき指導会は、生徒さんひとりひとりにマッチした個別指導塾です

あかつき指導会は、個別指導の特性を最大限に活かした授業体制が自慢の学習塾です。藤が丘にあるあかつき指導会なら、部活動やクラブ活動との両立も可能。臨機応変な時間割と独自の振替システムを利用することで、学習時間を無理なく確保することができます。
同じ学校の同級生が通っているからとグループ指導 (集団指導) を選んだものの、授業のペースについて行けず、時間とお金を無駄にしていませんか?部活動やクラブ活動を理由に塾を休みがちになってはいませんか?お子様の将来のために、藤が丘の個別指導塾を検討してみてはいかがでしょうか。