あかつき通信
2019/09/25

英語は中1終わりから落ちていく

最近は小学校でも英語が始まり、英語教育への関心が高まっています。

 

英会話を小さいころからやっているお子さんもいれば、塾で中学入学前に「中学準備講座」なんて銘打って英語をやるのも当然のご時世です。

 

あかつき指導会でも90分週2回で通っている小4~小6の小学生はみんな英語もやっています。

 

英語に関してだけは中学受験生がノータッチでそこだけは非中学受験生が勝っているところです。

 

さて、ある程度準備をして中学に入学して英語を習い始めると最初のころは割と簡単だと思います。

 

3学期制で1学期中間なんかある学校だと、定期テストがローマ字とアルファベットの問題ばっかりだったりするかもしれません。

 

習いたての英語はThis is/That isやI am/You areとあいさつくらいなので、テストも割と簡単に点が取れて90点をとれることも多いです。

 

しかし、学習が進んで行くと徐々に点数が落ち込んできます。

 

最初の定期テストはその学期に習った内容しかでませんが、回が進んで行くと前に習った内容は当然のように出てきます。

 

英単語なんかも「あれ、なんだっけ?」状態になってくると思います。

 

文法も最初はbe動詞しか出てこない内容から、一般動詞が出てくると文法事項が混ざり始めますし、過去・現在の判別、日本語の文末表現と助動詞の対応などケアをしなければならない内容がどんどん増えてきます。

 

一つ一つの内容を定期テスト前の詰め込みで済ますのではなく、感覚的に正しい英語が出てくるようになるまで学習する必要があります。

 

1学期・前期で英語で点を取れていても、「ここから点数が落ちていって当たり前!」という危機感をもって英語に取り組んで行くと良いでしょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇