あかつき通信
2019/09/16

国・神奈川県の高校授業料補助について

高校受験では国・公立高校に行くか私立高校に行くかで学費が大きく変わってきます。

 

私立高校の方が授業料は高いですが、国と県から補助が出るのでスクールガイドに掲載されている額面よりも安く通学できます。

 

そろそろ私立の併願校の絞り込みも進む時期ですので、神奈川県の高校授業料の補助についてまとめておきます。

 

まず制度として国による「高等学校就学支援金」と神奈川県による「学費補助金」の2種類があります。

 

神奈川県の学費補助金は授業料補助と入学金補助の2つがあり、それぞれ授業料と入学金に対する補助になります。

 

また、神奈川県民が神奈川県の高校に通う場合にのみ適応され、東京都の私立高校に行く場合には適応されないので注意してください。

 

高等学校就学支援金と学費補助金(授業料補助)は高校の授業料に対して支給され、施設費や修学旅行積立費などは対象外になります。

 

修学旅行で海外に行く場合、修学旅行積立費は高額になるので要注意です。

 

県の学費補助金(入学金補助)は一律10万円になりますが、国の高等学校就学支援金と県の学費補助金(授業料補助)は世帯年収により異なります。

 

世帯年収 就学支援金(国) 授業料補助(県) 合計
生活保護世帯 297,000円 135,000円 432,000円
約270万円未満 297,000円 135,000円 432,000円
約350万円未満 237,600円 194,400円 432,000円
約590万円未満 178,200円 253,800円 432,000円
約750万円未満 118,800円 74,400円 193,200円
約910万円未満 118,800円 対象外 118,800円

 

となります。

 

世帯年収約590万円未満は総額432,000円となり、それよりも世帯年収が高くなると補助が減っていきます。

 

これらの補助金は学校側が生徒・保護者に代わって受け取り授業料と相殺します。

 

授業料よりも補助金額の方が上回った場合には、授業料分までしか支給されません。

 

私立高校は学校によって入学金・授業料が異なるのでどの名目にどれくらい補助が出るかを算出する必要があります。

 

授業料・入学金・修学旅行積立費・施設費の他に教科書代・制服代・バッグ代なども掛かってきます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇