あかつき通信
2019/09/05

英検準2級ライティングのコツ<補足説明編>

前回のエントリー:英検準2級ライティングのコツ<理由記述編>の続き。

 

理由を記述した後は、補足説明を入れます。

 

パターンとして

 

①実体験を記述:For example, 【具体例】

 

例えば…【具体例】、という書き方になりますので、自分の実体験を書くことができます。

 

過去形または現在完了<経験>を使って「私は~だった/したことがある」と自由に書けます。

 

「自由に書ける」というのが逆に塾生さんにはネックになりがちですが…。

 

②条件付き具体例:When/If 【文1】, 【文2】

 

【文1】の時、【文2】だ/もし【文1】なら、【文2】だ、という表現になります。

 

【文2】の方は、they can~という「可能」の文を想定すると書きやすいです。

 

接続詞whenは中2くらいで出てきますが、接続詞の使い方自体間違えやすいので、文法事項と意味の対応(【文1】と【文2】を逆にしない)に注意してください。

 

あと、やりがちな表現として

 

Because 【文】

 

と接続詞を単文で使ってしまうパターンです。

 

日本語だと、「なぜなら~だからだ。」と単文でも可能ですが、英語では基本NGです。

 

そもそも理由の補足に「なぜなら~」はおかしいですしね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あかつき指導会
http://www.akatsuki-shidoukai.com/
住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-13-1
山口第2コーポ203
TEL:045-873-2044
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇